【かんたん車査定ガイドVSズバット車買取を比較】車売るならどっち?

ディーラーや中古車販売店で下取りをすると損をする理由

だれでも新車や中古車を買う場合に、新車ならディーラー、中古車ならその販売店で今乗っている愛車の下取り査定を受けると思う。

当然少しでも高い買取値段がつくことを期待して、その差額で新車や中古車が安くかえればな~というのが本音だと推測できる。また、新車や中古車を購入するのだから、当該店舗での愛車査定は高額で車買取してくれるだろうという思いも理解できる。

だが、実際にそれはあなたの”思い込み”であり、ディーラー下取りや中古車ショップでの車買取価格はとても低価格で推移しているのだ。あなたが手放そうと している愛車の本当の価値(価格)をあなたが知らなければ、提示された金額が本当に高額なのか低額なのかを比較できる情報を持っていなければ、あなたは足元を見られて大切な下取り車(唯一差額を生み出す)を低価格で買取られてしまうことになり。


それに気づいた人達が今、「かんたん車査定ガイド」や「ズバット車買取」などの車一括査定(複数の中古車買取店の最高買取額を比較できる)を利用して、新車や中古車を少しでも安く買うための資金を作り出しているのだ。

かんたん車査定ガイドの最高記録は他店差額65万円(トヨタクラウン)、ズバット車買取は51万円(ミニクーパー)という記録がある。


このサイトでは、未だに”ディーラー査定という神話”を信じていて一括査定に踏み切れない方に、なぜ車一括査定を利用したほうが得なのか?それにお答えしていこうと思う。
 

ディーラー下取りが安いシーソー原理を把握しておく

まずは、ディーラーの愛車下取り査定価格が安い理由についてみていこう。

たとえばあなたが新型プリウスを買おうとディーラーを訪れ、担当者と値引き交渉と今乗っている車の下取り査定を受けるとしよう。

この値引きと下取り査定がセットになると”通称シーソー”原理が使われて、購入者がいかにも新車購入で得したな~という雰囲気に持ち込まれてします。その秘密がこれだ!

まず、新車のプリウスの値引き交渉だが、よほどのことが無い限り購入者によってその値引き額に違いは発生しない。もちろん何十年間も同じディーラーで買い替えをしている人は、多少なりとも担当者と顔なじみということもあり、いつも買っていただいているので今回2万円値引きをプラスしますというようなことはあるだろう。

だが、20万円も30万円も違う値引き額というのはありえない。購入者ごとの値引き額の大きな差額はここでは発生しないのだ。

なので、購入者は通常下取り価格に期待をすることになる。もちろん新車販売店に持ち込まれる中古車はメーカーも車種もバラバラで、さらに高年式、低年式、走行距離などで価格は変わってくるので、他の購入者の下取り価格と比較することには何の意味も無い。

ここで重要になってくるのは、「あなたの中古車をいくらで買い取ってもらえるか?」ということだ。

あなたが持ち込んだ下取り車がホンダフィット、担当者が30分ほどの査定をして「○○さん、だいたい査定額は21万円です」と言ってきたとしよう。

この時点であなたが”かんたん車査定ガイド”や”ズバット車買取”などを使っての他店の買い取り価格など、参考になる比較価格をもっていないとしたら、提示された価格が本当に高いか安いかの判断はあなたの主観ということになる。

走行距離は○kmだし、年式もまだ古くないし・・・と、21万円は安いんじゃないか?(単に主観・思い込みであるが)と担当者にもう少し高く買ってよ~と交渉することになる。

さて、いよいよここでシーソーが登場してくるのだ!

シーソーとは、「値引きと下取り価格を予めセット」にしておいて、値引きを要求された場合には下取りを少し減額(及び現状維持)、下取りをもっと要求された場合には値引きを渋くと、どちらかを少しプラスしなければならない場合にはどちらかを低く設定して提示するやり方なのである。

要するに上記の場合、たとえば新車プリウスの値引きを限界額を15万円にした場合、下取りが21万円と設定しよう。21万円という下取りで満足しなかった購入者が「もうちょっと高く値段をつけてよ~」と言ってきた場合、

「わかりました!2万円プラスいたします。ですが、下取りをがんばらせていただいたので値引きは12万円が限界です」

というようにする(当然まだ値引けたのだが)。

その逆で、値引きを多めに要求された場合には、下取り価格を下げることで総額を調整するのだ!

よって予め決まった価格の中でどちらかを高く、どちらかを低くすることで、購入者の意識が行っているほうを高めの設定にすることで納得させる心理作戦である。購入者もまたまた思い込みで値引きと下取りの両方が高くなることはないという思い込みも幸いしている。

従って、かんたん車査定ガイドやズバット車買取などで中古車買取店の最高額を知っていれば、これらの価格がディーラー下取り価格よりも高い場合は、ディーラーでは値引き交渉だけに専念でき最高値引きを狙え、下取り車は最高額を提示した中古車買取店にうれば両方のいいとこ取りができる。

また、ディーラーのほうが少しでも高かった場合にはディーラーに愛車を売却すればよく、利用者に「得はあってもまったくリスクがない」のである。

中古車店1店舗だけで査定を受けると下取り額が下がる理由

中古車を買う場合にも当然値引きや下取り交渉はある。だが、新車販売店のディーラーなどに比べると、もともと販売している車の価格が安いことから、大きな差額が出ることはほとんどない(下取りの場合珍しい希少車でも持っているのなら別だが)。

また、注意しなければならないことは、中古車店で車買取(車売る場合)、ディーラーなどよりもさらに安くなる理由がある!それは・・・

中古車というのは新車と違い、現物を店内や敷地に展示しておかなければならない。もちろんいつ車が売れるかわからないので、毎日の洗車や人気車種の並べ替え、その他売れなくても行われる定期メンテナンスを怠ることはできない。

これら人件費(オイル代や部品代含む)はバカにならない!平均1台売れるまでに15万円ほどかかるといわれているのだ。

当然車輌本体価格(販売価格)にこれらの経費分を上乗せしてしまうと中古車を売りづらくなるので、価格は現状維持のために値引き価格や下取り価格を低くせざるおえないのだ。

それを知らずに中古車店で査定などを受けてしまうと大損する可能性が非常に高くなる。

また、新車と違い中古車というものは、基本的にその1台しかないために、まったく同じ車がないことから他の店舗価格を比較することができず、どうしてもその車が欲しい場合にはその当該店舗だけでの交渉になってしまうリスクも孕んでいる。

車買取査定で車売るならかんたん車査定ガイドorズバット車買取

これからほかのページでもかんたん車査定ガイドとズバット車査定の情報を詳しくご紹介していくが、根本的に新車や中古車を買う場合には下取り査定をほとんどの方が受けるので、いま自分乗っている車を買い取ってくれる業者は何店舗あり、その中でも最高額の業者の価格はいくらなのかを把握しておくほうが得策である。

このような比較価格情報を握っておくことは、新車ディーラーだろうが中古車店だろうが、交渉をするときに非常に有利にことを進められるので利用しないてはないだろう。